猫の複数飼育

http://petneko2.com

猫のしつけ
猫のしつけの基本
猫のトイレのしつけ
猫の食事のしつけ
猫の叱り方・誉め方
猫への爪とぎのしつけ

猫について
去勢と不妊の手術
猫の病気ついて
猫のペット保険
キャットタワーについて
猫の複数飼育について

キャットフード
幼猫、仔猫用キャットフード
成猫用キャットフード
高齢猫キャットフード
運営者情報
TOPページ

ベッド通販はNESTデザイン

出雲市の寝具店糸賀ふとん店

外構業者は安来市マエダプラスターズ

リフォームなら松江市FROG POWERへ

税理士事務所なら松江市、錦織会計事務所
相続税専門、相続税対策チームサイトはこちら
すずらん鍼灸院は東京で不妊鍼灸を行っています東京で妊活の方はぜひ当院へ。

 

猫の複数飼育について



一人住まいのアパートやマンションの室内で飼う場合、飼い主が留守がちになる事が多いです。

昼間一匹だけになると刺激が少なくなり、ストレス、肥満、異常行動をおこしたり、無気力な猫になるケースもあります。

そこで可能ならば複数飼いがおすすめです。
一緒に過ごす仲間がいることで寂しさをまぎらわし、無気力な猫になることを防ぎます。

新しい猫を連れてきてもすぐに仲良くなることはまれです。
2匹が自然とお互いを受け入れるようになるまで見守ってください。

また、新しい猫ばかりかまいがちですが、元いた猫を無視せず余計にかまってあげてください。
食器なども別々に分けます。
(猫はとてもデリケートな動物です。)

牡猫同士より牡、雌の組み合わせのほうが仲良くなるようです。
牡同士はどうしても喧嘩が多くなり、留守の時に喧嘩で怪我をする場合いもあります。
どうしても牡同士に場合は去勢してから飼いましょう。

老猫の場合は新しい猫にストレスを感じますので、複数飼いする場合はなるべく順応性がある3歳ぐらいまでに新しい猫に慣れさせてください。

1歳半のチンチンラの牡猫


Copyright 2009 All Rights Reserved by 猫/販売〜猫の販売と飼育について