猫のペット保険

http://petneko2.com

猫のしつけ
猫のしつけの基本
猫のトイレのしつけ
猫の食事のしつけ
猫の叱り方・誉め方
猫への爪とぎのしつけ

猫について
去勢と不妊の手術
猫の病気ついて
猫のペット保険
キャットタワーについて
猫の複数飼育について

キャットフード
幼猫、仔猫用キャットフード
成猫用キャットフード
高齢猫キャットフード
運営者情報
TOPページ

ベッド通販はNESTデザイン

出雲市の寝具店糸賀ふとん店

外構業者は安来市マエダプラスターズ

リフォームなら松江市FROG POWERへ

税理士事務所なら松江市、錦織会計事務所
相続税専門、相続税対策チームサイトはこちら

 

猫のペット保険について


猫が動物病院にかかると、自費扱いとなり高額な医療費を支払わなくてはいけません。

もしかしたら、医療費が高額で負担が大きいとの理由から、病院に連れていけない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

病気を放置した結果、大きな病気になって取り返しのつかない状態になるのを避けるためにも、医療費の保証をしてくれる猫が加入できるペット保険を知っておきましょう。

ペット保険に入るには、まず加入審査を受けなくてはいけません。

動物病院で診断書を書いてもらうケースもあれば、自己申告でOKのところもあります。

ペット保険に加入すると、治療費や入院費など、医療費の保障が受けられます。

ただし、避妊・去勢手術など適用されないものもあります。

保険会社により様々な保険商品があるのでよく調べましょう。

ペット保険は万が一、他人を怪我させてしまった、物を壊してしましった場合などの、賠償金も保証されます。

さらに、ペットとのお別れをした場合の死亡時給付金などが保障されます。

他にも、保険会社によってペットホテルの紹介や無料相談など、あらゆるサービスを提携しているところがあります。

加入条件や加入できるペットの種類など、保険会社で定めている規定はさまざまです。

資料を請求して、よく検討してから加入することをおすすめします。


ペット保険の保障には3つのタイプがあります。

●定率保障型
治療にたいして決められた保障率分を保障してくれます。
1回の治療費が高い場合は、お得になりますが、給付日数が短いなどの不安もあります。

●定額保障型
治療費がいくらかかっても、加入時の保障限度額のみ保障してくれます。
年間給付日数が長いので、長期にわたり治療を要する場合は便利でしょう。

●差額保障型
一日あたりの保障限度額の範囲で掛かった費用を全額、保障してくれます。
保障限度額内で治療が済めば、全額保障してくれるので、自己負担は0割です。


Copyright 2009 All Rights Reserved by 猫/販売〜猫の販売と飼育について