猫の病気

http://petneko2.com

猫のしつけ
猫のしつけの基本
猫のトイレのしつけ
猫の食事のしつけ
猫の叱り方・誉め方
猫への爪とぎのしつけ

猫について
去勢と不妊の手術
猫の病気ついて
猫のペット保険
キャットタワーについて
猫の複数飼育について

キャットフード
幼猫、仔猫用キャットフード
成猫用キャットフード
高齢猫キャットフード
運営者情報
TOPページ

ベッド通販はNESTデザイン

出雲市の寝具店糸賀ふとん店

外構業者は安来市マエダプラスターズ

リフォームなら松江市FROG POWERへ

税理士事務所なら松江市、錦織会計事務所
相続税専門、相続税対策チームサイトはこちら

 

猫の病気について

猫の病気についてですが、初期症状が出ない場合は、飼い主でも気づきにくいものです。
大体、病気に気づくのは嘔吐を繰り返すようになったり、下痢をするようになったりしてからです。
少しでも「病気かな?」と思ったらすぐ動物病院に連れて行き、専門のお医者様に診てもらうようにしましょう。

猫の病気と言うのは、命に関わるものももちろんあります。
特に野良猫などと接触した場合は病気にかかりやすいと言われています。
大切な猫のために、定期的に予防接種や健康診断などを受けられることをおすすめします。

飼い主が日ごろから猫の状態をきんちと観察しているかどうかが猫の健康に大きな差をもたらします。

猫の元気がない時
考えられる原因
精神的ストレス、打撲、骨折、内臓疾患、アレルギー、尿路結石、胆管肝炎症候群、肝臓の病気、フィラリア症、感染症、糖尿病などが考えられます。

症状と要因
普段元気なネコが病気になったりすると、行動だけでなく、顔の表情までが変わってきます。
ネコの名前を呼んでも見向きもせず、食事の時間などにも興味を示さなくなり、物陰でじっとしていたりするので、猫の様子をよく観察してみてください。

猫はメンタル的に落ち込んだりする動物です。ネコ同士のケンカで負けてしまったり、新しい動物を飼う様になって自分に目を向けられなくなった時、元気がなくなったりします。環境が変わっても同じです。
呼吸の鼓動が普段より速く、猫の耳の先端まで熱い場合は、熱があるかもしれません。

また急に元気がなくなった等は、心や体に異常が起きていることが考えられ、食事や水を飲む行動もしない時は、生命に関わります。

体の各部分の異常
目ヤニ・・・目が開かないほど目ヤニがひどい時はウイルス性の病気の疑いがあります。すぐに動物病院で診察を受けてください。
口臭・・・ひどく臭うときは歯槽膿漏や口内炎が進んでいます。

鼻水・・・粘り気のある鼻水が出て目ヤニを従う場合は伝染病の可能性があります。水のような鼻水やくしゃみが出る程度なら軽い鼻炎です。

腹部のはれやしこり・・・回虫や腹水、傷の化膿など原因はさまざまです。すぐに診察をうけましょう。

おう吐・・・消化しにくいものや有害物を飲み込むとすぐにおう吐します。毛玉なども吐きますが自然現象なのであまり心配要りません。異常が続くようなら念のため診察をうけましょう。

下痢・・・消化器系の多くの病気は下痢症状があります。下痢は大変治りにくいので病院に連れていくこと。


猫が痒がる行動
寄生虫による皮膚病、食事性アレルギー、ノミによる皮膚病、皮膚の乾燥、疥癬、免疫系の異常、尾腺炎、肉芽腫など。
猫も人間と同じように、かゆい箇所をひっかきます。皮膚に傷ついて出血することがあるので、早めに対処してください。

治療方法としては、ペットの猫にノミ取り首輪を着けてあげるなどがあります。
飲み薬や滴下式スポットタイプの薬、ノミ取りシャンプーなどが市販されています。
また獣医師さんの治療を受ければ数週間で回復します。

猫の食事性アレルギーは、ペットの適切な食べ物を選んでください。食事性アレルギーに効果があると言われているのは、食物繊維・必須脂肪酸などです。ペットは動物ですが家族の一員です。ちょっとした変化が見られた時は、すぐに獣医さんに見てもらうことをお勧めします。


子猫は狭い隅っこが大好きですぐに隠れてしまいます。

Copyright 2009 All Rights Reserved by 猫/販売〜猫の販売と飼育について