猫のしつけと飼育

http://petneko2.com

猫のしつけ
猫のしつけの基本
猫のトイレのしつけ
猫の食事のしつけ
猫の叱り方・誉め方
猫への爪とぎのしつけ

猫について
去勢と不妊の手術
猫の病気ついて
猫のペット保険
キャットタワーについて
猫の複数飼育について

キャットフード
幼猫、仔猫用キャットフード
成猫用キャットフード
高齢猫キャットフード
TOPページ

ベッド通販はNESTデザイン

出雲市の寝具店糸賀ふとん店

外構業者は安来市マエダプラスターズ

リフォームなら松江市FROG POWERへ

税理士事務所なら松江市、錦織会計事務所
相続税専門、相続税対策チームサイトはこちら

 

猫のしつけの基本

猫も家族の一員ですからしつけは早いうちに行います。
子猫がかわいいからといって甘やかして育てると勝って放題な猫になり大人になってからではしつけが難しくなります。

しかし、猫が言うことを聞かないからと叱ってばかりいても、猫も飼い主もストレスがたまってしまいます。
猫には普段から話しかけたり、遊んだりスキンシップを取ったりとすることが大切です。
しかし、遊んでばかりでは駄目です。ここでは猫に対する「しつけ」を少しご紹介したいと思います。

猫が悪いことをしたら、その場で怒るようにしましょう。怒ることによって猫はびっくりして、こちらの顔をうかがうような感じになって今している行為をやめるようになってくると思います。

注意しなければならないのは、後から怒っても意味が無いと言うことです。何を怒っているのかが分からないからです。
怒ったら、必ず最後には誉めることも忘れないでくださいね。

一度悪いことをして怒ったら、その行為に対しては全部怒るようにしましょう。
気分によって、怒ったり怒らなかったりしては、猫はこれが悪いことだと認識しませんので、注してください。

上記のような事を猫に覚えさせるには、根気が必要です。飼い主側が途中で根気負けをすると、猫は許してもらえると思ってしまって駄目なことを駄目と認識しなくなります。

猫は悪いことを認識すると、その行為をする前に飼い主の顔を見るようになります。
そのときにちょっとにらんであげると、「駄目なんだ」と再認識して悪いことをしなくなりますので、そういうようになるまで根気強く続けましょう。



子猫のうちからしっかりとしつけます。

Copyright 2009 All Rights Reserved by 猫/販売〜猫の販売と飼育について